スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【家元コラム】 「受動喫煙」について、その2。

 「たばこ税・増税」

 については、一段落。

 「禁煙薬の不足」

 についても、一段落。


 これからの話題はおそらく、

 「受動喫煙」

 これ一色になるでしょうね。




 先日のコラムでも、書きましたけれども。

 この「受動喫煙」というコトバが、非常に悩ましい、と思います。

 少なくとも、私にとっては。


 というのも。

 すでに「ニコチン・アンインストール」完了から一年も経ち、すっかり「ニコチン・アンチユーザー」となった、私にとっては。

 そして同様にニコアン完了を済ませた人にとっては。


 それを「受動喫煙」と呼ぶかどうか、という問題はさておき。

 とにかく、

 「他人の○○○の、クサさ」

 については、心の底から、ヘキエキしているのです。


 それこそ、

 「自分の○○○はクサくないけど、他人の○○○ほどクサいものはない」

 ということですね。

 この○○○に入るのは?

 1・くつ下

 2・タバコ

 3・は皆さんで
お考えください。


 とにかく、何も「受動喫煙」なんて言わなくても、

 「他人のケムリは迷惑」

 ということは、重々承知しています。


 そして、「迷惑」なんてレベルじゃない、ということも。

 あのケムリを、体が弱い人とか、子どもとか、妊婦さんが吸い込んだら?

 「それは、もう『暴行』だね」

 ということも。


 よーく、分かっているんですよ。

 でもね。

 しかし。

 それと、同じくらいに。


 よーく分かっていることがあります。

 それは。

 自分も、かつてはそうだった、

 「ニコチン・ユーザー」

 に対して。


 「受動喫煙、迷惑なんだけど」

 なんて言っても。


 絶対に

 聞き入れられない。

 むしろ、

 逆ギレ

 される。


 自分がそうだったからこそ、そう断言できるのです。

 ニコチン・ユーザーに対して「受動喫煙」というのは。


 「噂の刑事トミーとマツ」

 の、トミーに向かって。

 「オトコ女の、トミ子~!」

 というくらいに、危険なことだということを。

 




 要するに、聞き入れたくないわけです。

 「受動喫煙」

 なんていう、「ケタクソ悪い」コトバは。


 そう、ニコチン・ユーザーにとっては、

 「禁煙」

 というコトバと並んで、同じぐらいに、

 嫌悪感

 を催す、コトバなんですよ。


 もちろんそれは、その人が悪いわけじゃなく、脳内に巣くった「ニコチン・プログラム」のせいなのですが……

 と、ここまでについては、すでに私は

 表紙

 ニコチン・アンインストール・バイブル

 の中で書きました。

 「禁煙」というコトバ自体が、「禁煙アレルギー」を生み出し、

  禁煙成功を阻害している。


 と。


 ということは、それと同じく。

 「受動喫煙」と、言えば言うほど。

  受動喫煙に対する「アレルギー」も、また広がっていき

  その「対策」の、足かせとなっていく。



 これは「自明」かと、私は思ってしまいます。




 たとえば、今日のニュースでも、


職場の受動喫煙、意見二分 「全面禁煙を」「打撃に」


 職場での受動喫煙防止対策に関し、厚生労働省は10日、都内で初の公聴会を開いた。
 健康被害を訴える全面禁煙派と、売り上げ減を懸念し規制に慎重な業界団体などとの間で意見が真っ二つに割れた。

 ホテルや旅館、旅行業などの労働者で組織する産業別労働組合、サービス連合の大園真弘政策局次長は、完全禁煙や分煙の推進に原則賛成としながらも「産業として大きな打撃を受ける」と懸念を表明。
 完全禁煙や分煙にする場合は業界への助成などの対応が必要と強調し、緩やかな措置の検討を求めた。

 受動喫煙に関して年間40~50人の相談に応じているという岡本光樹弁護士は、ぜんそくや吐き気、うつ病などを発症した労働者の事例を紹介。
 分煙したとしても、ドアや空調から煙が漏れるため被害は受けると指摘し「喫煙者は外で吸うべきだ」と全面禁煙を訴えた。

 公聴会は約300人が傍聴。
 業界団体や愛煙家団体などの関係者ら計7人が意見を発表した。

 (共同通信




 という記事なんですが……。

 「ニコアン済み」の私から見れば、この「対立」というのは、

 白組:人命、健康、安全を重視

 紅組:税収、商売、利益を重視


 と、この二組の戦いなわけです。


 要するに、「人の命と、お金儲けと、どっちが大事ですか」ということですよね。

 で、日本の法律(たばこ事業法)は、

 「お金儲けです」

 と、ハッキリ言い切ってるわけですよね。


 そして、

 「じゃあ、このままでいいのか」

 「それとも、変えるべきか」


 で、争っているんですよね。


 そう考えれば、非常に、分かりやすい図式ですね。

 だったら、ここで問題となってるのは「職場」ですから、


 「ウチの職場は、お金よりも従業員の健康を重視します」

 「ウチは、従業員の健康より、やっぱりお金が大事です」


 と、この立場を表すステッカーとかを、入り口に貼ればいいんじゃないでしょうか。


 それで、お客と従業員が、どっちか好きな方を選べば。

 分かりやすいですよね?




 はい。

 でも、これは、私の「極論」です。

 そして世間では、「極論」はあまり、歓迎されません。

 そこで、

 「金か、命か」

 という極論は、あまり大っぴらに言えないので、

 「受動喫煙」

 というコトバに、置き換えられるわけですね。

 無難に。


 そうすると、「無難」になりますが、それはつまり

 「本質」

 を、覆い隠してわかりにくくする、ということでもあります。


 だから。

 「受動喫煙とは、そもそも何か」

 という「定義」だけで、議論の時間が終わってしまう。


 会議って、そうですよね。

 「コトバの定義」だけで終わっちゃう会議が、どれだけ世の中にはあることか。




 だから。

 だから私は、「受動喫煙」というコトバを、まずどうにかしなくちゃな、と考えています。


 もっと、何というか、耳障りが「ソフト」で「キャッチー」に、言い換えられないか。

 そしてなおかつ、もっと「本質」を、えぐり出すようなコトバにできないか。


 これを、ここ数日、考えてます。


 以前にそうして、考えた結果出てきたのが、

 「禁煙じゃなくて、ニコチン・アンインストール」

 です。


 幸い、この「ニコアン」は、多くの方に、賛同いただけました。

 だったら、次は、

 「受動喫煙」

 を、もっとわかりやすく、キャッチーに。

 そして少々の、


 「ユーモア」


 も、こめて。


 考え出すのが、私の、「使命」なのかなあと、考えてます。

 なんで?

 と言われても、わからないですが。


 たぶんそういう「運命」なのかも、しれませんね。


 さて、それでは、考え込みますので。

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010-11-10 : 受動喫煙って何だろう? : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。