スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【家元コラム】 「受動喫煙」と言われても。

 受動喫煙。

 ……イヤな言葉です。

 少なくとも、私が一年ちょっと前、まだバリバリの「ニコチン・ユーザー」だったときは。


 【この世で一番聞きたくない言葉・ベスト3】

 には、入っていましたね。

 「受動喫煙」

 matsuzawa.jpg

 たとえば「煙のリンチ」「ケムリンチ」なんてのは、どうでしょう?




 何で「キライ」かと言いますとね……。

 難しいんですけど。

 私、「コトバの持つイメージに敏感」なタチなんです。


 だからこそ、

 「禁煙」

 という、ネガティブなイメージを持つコトバを、「あえて」否定した。

 そして、

 「ニコチン・アンインストール(ニコアン)」

 という、今まで誰も考えなかった、ポジティブなイメージを持つ、新しいコトバを創造した。


 たったこれだけです、突き詰めれば、私のやったことなんて。

 でも、その「これだけ」で、タバコをやめた人が、全国に数百人はいるわけですから。




 さて、そういう目で「受動喫煙」というコトバを見て。

 何か。

 具体的なイメージが。

 伝わってきますか?

 私としては、

 何一つ

 伝わってきません。


 いや、むしろ、

 「思いやり予算」

 「抑止力」

 「ゆとり教育」

 「国民の知る権利」

 「個人情報保護」


 こういうコトバと同じように、むしろイメージを「伝えよう」としているどころか、

 本質を隠すため

 逆に、曖昧な、意味不明な、空虚なコトバにしようとしてるんじゃないか。

 とすら、思ってしまいます。


 早い話が、

 「お役所コトバ」

 に近いんですよね。


 「前向きに検討する」

 「諸般の事情に鑑み」

 「真摯に受け止めて」

 「遺憾である」

 「可及的速やかに」

 「粛々と」

 「喫緊の課題」



 と、これらのコトバは、結局「何も言ってない」のと同じ。


 そんなコトバの羅列の中で、

 「受動喫煙による県民の健康への悪影響が明らかであることにかんがみ、県民、保護者、事業者及び県の責務を明らかにするとともに、禁煙環境の整備及び県民が自らの意思で受動喫煙を避けることができる環境の整備を促進し、並びに未成年者を受動喫煙による健康への悪影響から保護するための措置を講ずることにより、受動喫煙による県民の健康への悪影響を未然に防止することを目的とする。」

 なんて言われたトテ。

 医者やガン患者などの「当事者」でもない限りは。

 ましてや、こちとら、ニコチン中毒のおアニいさんにとっては。


 「しゃらくせえ!」

 と、この一言とともに、ちゃぶ台をひっくり返したくなる。

 そういうコトバなんです。

 ニコチン・ユーザーにとっての「受動喫煙」とは。


 何が言いたいんだか、さっぱりわからねえ。




 そして、もちろん、マスコミだって分かってない。

 この条例を決められた、自治体の長だって分かってない。

 ならば当然、その下の公務員も、ましてや市民も。

 結局のところ、

 ほとんどの人が、本質を理解しないまま

 ただただ、

 「受動喫煙防止」

 という「旗印」だけを振りかざして、騎馬戦をやっているようなもの。


 とうぜん、それに対抗する喫煙者の旗印は、

 「自由、人権」

 「嗜好品」

 「マナー」


 という、雲をつかむようなもの。


 そのおのおのの旗印を、

 闇夜
 
 に、取り合ってるようなもの。


 だから何だかさっぱり、わからない街ができあがる。

 地方自治体の長も、聞けばいいじゃん。

 「受動喫煙防止条例の、本質ってなんですか?」

 って。




 で、例に挙げて申し訳ないけども。

 自分が住んでるので、足利市。


 今年の5月、こんな記事がありました。


【足利】市は6月から、本庁舎や別館など市役所庁舎内を全面禁煙にする。

 現在ある庁舎内5カ所の喫煙所を5月末に撤去し、代わりに屋外に喫煙所を設ける。

 受動喫煙の防止策として市は2004年、庁舎内に喫煙所計18カ所を設置し、分煙対策を実施。

 しかし、来庁者から「たばこの煙が漏れてきて不愉快だ」などの指摘もあり年々2~4カ所ずつ、喫煙所を減らしてきた。


 今年2月、厚生労働省は「公共的な空間については原則として全面禁煙であるべき」と通知。

 これを受けて庁舎内の全面禁煙を決めた。

 屋外喫煙所は現在、本庁舎の地下駐車場、正面玄関、3階中庭の3カ所あるが、6月からは教育庁舎、水道庁舎にも1カ所ずつ置く

 市内の公民館や市民会館、市民プラザなど公共的な施設では既に、建物内は全面禁煙となっている。

 (5月25日 下野新聞)
 

 ね?

 「何のために」

 「原則禁煙にするか」


 わかってないでしょ。


 「不愉快」

 だからだと、思ってるんですよ。


 「一部の人が、ガタガタうるせえもんで」

 という感じで、仕方なく、喫煙所を「減らして」いるわけです(なくそうとはしていない)。


 そして、その挙げ句、こうなるわけです。

 112893657.jpg

 奥の方で、人が出てきているのが、市庁舎の出入り口です。

 そして手前が「屋外喫煙所」です。


 時間帯によっては、この喫煙所は、まるでキャンプファイアーみたいに、盛大な煙を噴き上げます。

 そして風向きによっては、その煙がすべて、出入り口に吹き付けます。


 つまり、市役所に来た市民が、

 自らの意思で受動喫煙を避けることができる環境の整備を促進

 しては、いないわけです。

 自らの意志で避けようと思うなら、この市役所には、来ることができないのです。


 従って、足利市役所は、神奈川県が言う「受動喫煙対策」は、していない、ということになるんです。

 さて、何人がこれ、理解するかな?




 でも、市役所も、市長も、職員も。

 そして新聞も。

 この「出入り口の脇の喫煙所」で、

 「受動喫煙対策は、万全でござ~い」

 と、思っちゃってるんです。


 これでいいと。

 なぜ、そうなるのか?


 だから、「受動喫煙」というコトバから、


 明確なイメージ


 が、伝わってこないからです。




 そのことを私は、考えまして。

 何でオレが、と思いつつ。

 本来、「コトバ」にこだわりを持つことこそが、

 政治家の仕事

 じゃねえのかい、と思いつつ。


 この「受動喫煙の被害」を……。


 タバコ吸ってる本人は、ご機嫌。

 でも、周りで吸わされてる方は、災難。

 場合によっては、命にも関わる。

 これじゃあまるで、


 ジャイアン・リサイタル


 と、同じだよと。

 s-boe.jpg


 このたとえは「わかりやすい!」ということで、プロのお医者さんが、講演などでも使ってくれています。




 しかし……。

 そう聞いても。


 筋金入りのニコチン・ユーザーにとっては。

 私がそうだったように。


 「何を大げさに、騒いでるんだか!」

 「ケムリのちょっとぐらいで、死ぬわけじゃあるまいし!」



 と、思っちゃうんですよね。


 そういう人に対して。

 ただ「正論」を言ったとて。

 聞き入れるわけはありません。

 なぜなら、「受動喫煙」という概念が、イメージとして理解できないから。


 そこで、「いや、そうじゃないよ」と。

 「人のケムリで、死ぬ思いをする人もいるよ」と。


 わかってもらうために、どうしたらいいか。

 これを考えるのが、本来の「セージカ」の仕事じゃないかと思います。

 役人みたいに、ただハグらかすだけじゃなくてね。




 では、こう考えてみてください。

 上の、足利市役所の屋外喫煙所が、仮に「山賊の溜まり場」だとします。

 そして。

 深夜。

 その脇を。

 若い娘さんが。

 たった一人で歩いていたら。

 どうなると思いますか?


 そして、もしあなたが、その若い娘さんの、父親だったら。

 あるいは、恋人だったら。

 どう思いますか?


 もう、「身の危険」を思って、いてもたってもいられないですよね。

 でしょ?

 その「身の危険」を、「100%防止」するのが、受動喫煙防止条例の、趣旨なのです。


 そうです。

 もしも、妊婦さんだとか、子どもだとか、呼吸器の弱い人が。

 この足利市役所を訪れたとき。

 タバコのケムリを吸って、目を回す危険性。

 それを「100%防止」するのが、受動喫煙防止条例の、趣旨なのです。


 だから足利市役所は、その趣旨が理解できてない。

 町への出入り口の、わざわざすぐ脇に、「山賊の巣」を、設けているんだから。




 そして、まあ仮に、これを市役所に言ったとしましょう。

 そうすると、返ってくる答えは予想がつきますよね。


 「まあ、多少は……」

 です。


 さて。

 じゃあ、さっきの、若い娘さん。

 身の危険が、ありますよね?

 「まあ、多少は……」

 それで、いいのか!

 という話ですよね。


 深夜、若い娘が、山賊のいる脇を通っても、

 「まあ、口笛吹かれるくらいは、多少は……」

 「声かけられるくらいなら……」

 「ケツ触られる程度なら……」

 「チチもまれるくらいなら……」


 と言われて、


 「ああ、うん、そうだね。しゃあねえか!」

 と明るく答える父親や恋人が、どこにいるんでしょう。

 ゲンノウで殴られても、文句は言えませんよね。


 「そんな、ケムリを多少吸ったくらいで、死ぬわけじゃあるまいし……」

 というのは、

 「なーに、襲われたって、妊娠さえしなきゃ、いいんでしょ?」

 と言ってるのと、ほぼ同じ。


 「何を大げさに、騒いでるんだか!」

 「ちょっとぐらいで、死ぬわけじゃあるまいし!」


 それが言えるのは、言ってしまえるのは、その人が

 「わたしは山賊」

 と、認めてるようなものなのです。


 だったら。

 市としては。

 山賊は、どこかへ行かせないと。

 市民に危険が及ばないように。


 これが「受動喫煙防止条例」の、本質だと思うんです。


 ただ単純に、

 「ガンになるから、受動喫煙を防止しよう」

 と言われるのと、どっちが分かりやすいですか?




 で、誤解なきよう。

 別に私は、足利市役所に対して、「灰皿を撤去しろ」とか、言う気はありません。


 ただ、「受動喫煙を防止するために」という、空証文を唱えないでほしい。

 それから、喫煙所を撤去しない理由は、

 「税収が減ったら、困るから」

 と、はっきりと言ってほしい。


 たった、これだけなのです。

 いい市民でしょ?




広げよう、受動喫煙防止条例―神奈川県知事が講演

 今年4月に全国で初めて受動喫煙防止条例を施行した神奈川県の松沢成文知事は11月7日、「がん政策サミット2010秋~地域の条例と予算を動かす~」(特定非営利活動法人日本医療政策機構市民医療協議会がん政策情報センター主催)で講演した。

 反発と賛成の双方の声が上がった条例の成立には、時間をかけて議論を尽くすことが大切だとした上で、「10年かけて、本当に受動喫煙を防止できるような条例にしていきたい」とし、3年ごとの条例見直しで規制の適用施設を拡大していくなど、充実を図る考えを強調した。

 神奈川県の受動喫煙防止条例は、不特定多数の人が出入りする公共的施設の禁煙または完全分煙を規定。
 違反した施設管理者や喫煙者への罰則を設けている。

 松沢知事は、自身も喫煙者だった経験から「たばこを吸う人の気持ちは分かる。喫煙者をいじめるための条例ではなく、あくまでも、がん予防の一つとして受動喫煙の被害を防ぐのが目的」と改めて条例の趣旨を強調。
 しかし、成立までの過程では、たばこ産業や飲食店、宿泊施設、娯楽施設などの反発が強く、「総論賛成、各論反対」の状況が続いたと振り返った。

 その中で、松沢知事が強調したのは、徹底して意見交換を行うことの重要性だ。
 松沢知事は「強行突破して敵をつくれば、条例を施行しても協力してもらえない。時間をかけて議論し、双方の妥協点を見いだすことが大切」と指摘。
 分煙対策の費用負担が重荷となる小規模の施設や、風俗営業法の規制がある施設に対しては努力義務にとどめた一方、条例の実効性を担保する罰則規定を盛り込む考えは譲らなかったことを説明した。

 条例は3年ごとに見直すこととされている。
 松沢知事は今後、小規模施設にも対策を義務付けることや、職場での受動喫煙対策も規定することを視野に検討を進める考えだ。
 「(一部妥協したことで)残念だという声もあったが、形にすることが大事。最初は10じゃなくても、まずは5でスタートして見直しごとに10に近づけたい」。

 がん政策サミットは、患者主体のがん対策の充実を目指して6日から3日間にわたり開催。全国の患者団体や行政、地方議会などから延べ約100人が参加した。

( 2010年11月08日 11:35 キャリアブレイン





 さて、ところでその、「山賊」たちの……。


 ボス


 はいったい、誰なのか。


 それを書いちゃったのが、



●新刊【ニコチン・アンインストール・バイブル】(詳細はこちら)●

 冊子版、電子書籍版とも、「北風小憎夫の ニコアン・ショップ」で購入いただけます。

 shop.jpg 


 それから、「ヤフーオークション」にも出品しました!

 ヤフオク


 ※なお電子書籍版は、「ブクログのパブー」にも出品しています。

 【ニコアン・バイブル」が読める病院の一覧はこちら




【ブログ版なら、無料でも読めます!】

・「ショートバージョン」
あまりお時間のない方は、こちらをお読みください。

・「ロングバージョン」
かなりお時間のある方は、こちらをお読みください。

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2010-11-08 : 受動喫煙って何だろう? : コメント : 3 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
北風小憎夫さんの影響力で、「分煙詐欺」って言葉を広めてもらえませんか?
意味は、予想できるかもしれませんが「分煙」と言いながら全然煙が分かれていない店舗とかに対する言葉
大量にある「分煙詐欺店舗」のせいで、「分煙店」と言うだけでは、入って大丈夫な店なのかどうかが判断できないという状況が多発して困っているもんで
2010-11-10 11:37 : 星鈴(StarRing) URL : 編集
Re: No title
「なんちゃって分煙」ですね。

そもそも、ほとんどの店舗が「分煙」の意味を分かってないんだと思います。

「詐欺」というとキツイので、

「完全分煙」できてない店舗は、

「不完全分煙店」

と呼べば、「じゃあ完全って?」と考えるきっかけになるのでは。

考えてみますね。



> 北風小憎夫さんの影響力で、「分煙詐欺」って言葉を広めてもらえませんか?
> 意味は、予想できるかもしれませんが「分煙」と言いながら全然煙が分かれていない店舗とかに対する言葉
> 大量にある「分煙詐欺店舗」のせいで、「分煙店」と言うだけでは、入って大丈夫な店なのかどうかが判断できないという状況が多発して困っているもんで
2010-11-10 20:25 : 北風小憎夫 URL : 編集
No title
うーん、「なんちゃって分煙」とか「不完全分煙」の表現は、結構前から出てるんですけど、うまく広まってないんですよね…

まぁ嫌煙側で出ていた言葉ですから、
北風小憎夫さんが使っていただければ、また別の層に広がってくれると思いますので、よろしくお願いします。
2010-11-11 11:13 : 星鈴(StarRing) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。