スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

やめない理由(9) げに恐ろしき「中2病」

 (8)より

 いや~まいった。

 前回は、我ながら、とっても嫌なことを、悟りましたよ。

 サトエリじゃないですよ。

 悟りです。


 私自身が、ニコチン・ヘビーユーザー」だった、あの頃。

 さんざん偉そうに、周囲に喋りまくっていた、

 「いかにタバコは素晴らしいか」

 「だからタバコはやめられないんだ


 という、タバコについての「美学」、己の「生き様」。


 しかし、その文言の全ては、あの恐るべき病、

 「中2病」

 にうなされての、うわごと、たわごとの類であったとは……。





 さて、この「中2病」とは、何か?

 ウィキペディアから引用させていただくと、

 中二病(ちゅうにびょう)とは、
 思春期の少年少女にありがちな
 自意識過剰やコンプレックスから発する
 一部の言動傾向を小児病として比喩したもの。

 伊集院光がラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』の中で用いたのが最初とされる。
 「病」という表現を含むが、
 実際に治療の必要とされる医学的な意味での「病気」または「精神疾患」ではない。


 ということですな。


 たとえば、

* 洋楽を聞き始める。

* コーヒーを飲み始める。

* ブレイクした(そしてみんながもて囃す)ロックバンドを「売れる前から(自分は)知っている」とムキになる。

* やればできると思っている。

* 何かと口を挟む母親に対して激昂し「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。

* 社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると急に「アメリカって汚いよな」と言い出す。



 はは。

 私も耳が痛いやら、恥ずかしくて赤くなるやら。


 まあ、いわゆる「あるあるネタ」の一種ですが、それだけに皆さんも、一度は通り過ぎてきた「中2」という時期のことですから、いろいろと心当たりは、

 「ある、ある~。」

 でしょう。

 自分では、思い切り格好いいと思って、そうとうトンマなことに燃えていたはずです。


 私自身、ひとつ思い出を挙げますと。

 中2のとき、やっぱり、「容姿」「見てくれ」が、気になりますよね。

 私の場合は、脚が太く、出っ尻の体型なので、とにかく脚を「細く」したかった。


 だったら、ストレッチとかマッサージとか運動とかすれば良さそうなものですが。

 私の場合はどういうわけか、

 「毎晩、ジーパンをはいたまま寝る。」


 という修行、己に課していました。 


 理由はわかりません。

 「中2」の考えることですから。


 もちろん、そんなことで、脚が細くなったら苦労はしません。

 単純に、「寝苦しい」だけの夜が続いただけ。

 ある朝、起きてみたらいつの間にかジーパンは脱ぎ捨てて、パンツいっちょで寝ていたことがあり、それっきりこの方法はやめてしまいました。

 ああ、アホくさい。

 皆さんにも、このような「アホな中2時代」がおありかと思いますので、恥ずかしいでしょうが、コメント欄からご報告ください。






 で、行動ではこんな感じですから、「思考」では、さらに輪をかけて、世の中の常識からかけ離れています。

 まあ、一番の特徴は、

 「あらゆることに反抗する」

 ということでしょう。


 たまたま本(しかもマンガ)で読んだ、とか。

 たまたまテレビで見た、とか。

 たまたま友達に聞いた、とか。


 そんなちょっとしたきっかけで中2は、その読んだ・見た・聞いたことが「真実」であると根拠もなく思い込み、さらに自分の中の特殊な「酵素」でそれらを発酵させ、それのみを栄養源として思考・行動していきます。

 そして、その「自分内知識」が世の中の常識、良識と食い違った場合には、何の疑いもなく、

 「世の中がおかしい」

 と思い込み、反発するわけです。


 (……ね、ニコチン・ヘビーユーザーと、かなり共通するでしょう)






 もちろん、そういう独善性というのは、高校生、大学生、20代になっても残っており、その場合はしばしば、

 「青臭い」


 と批判されます。

 「青臭えガキが、世間をなめんじゃねえ」

 とか、必ず一度は何かの機会に一喝され、まあ本人もそのくらいのトシになってれば、言われたことを考えて、やがて気づくくらいにはなります。

 が、中2ぐらいだととてもそうはいかず、だからこそ「中2病」と、病気の一種に認定されるわけですね。


 高校生・大学生・20代ぐらいの若者の、

 「青臭い」

 というのは、イメージで言うと、まだ熟していない野菜や果物の味。

 味に深みがなく、苦い感じ、といいますか。


 それに比べ、中2の場合は「青臭い」じゃなくて、

 「青っぱな臭い」

 まだ、洟みずったれから抜けきっていない。

 味は……ちょっと、しょっぱい感じですか?






 さて、話がそれましたが、この「中2病」独特の「なんでも反抗」という症状が、そのままズバリ、「ニコチン・ヘビーユーザー」には、当てはまります。


 そもそもの「ニコチン・インストール」のきっかけが、まだガキのくせに背伸びして、大人のマネをしてタバコを吸ってみるところから入りますから。

 そして、タバコを吸っているのが、

 【大人のあかし】

 だと言い張る。


 映画俳優やロッカーに憧れるように、格好よくタバコを吸う大人に、憧れる。

 そのくせ「大人は汚い、ずるい」なんていって、本当の大人になることからは、逃げる。

 「ちょっと不良」なのがカッコいいと思い、「オレは毒を吸って生きるんだ」なんてうそぶく。

 【長生きしたってしょうがない】

 などと、甘っちょろいことを言う。


 いや~、メンドくせ。

 自分がつい最近まで「ニコチン・ヘビーユーザー」であり、同時にこの「中2病」にも罹っていたことを棚に上げれば。

 こんなクソ生意気なガキは、頬ゲタ張り飛ばしてやりてえ。






 てなわけで、自分も中2病だった、あるいは現在、まさに中2真っ最中の子どもがいる、なんて方でしたら。

 こいつらを「教え諭す」なんて努力が、いかに空しいものかは、よくお分かりでしょう。

 だから同様に、「喫煙者(ニコチン・ヘビーユーザー)」に対して、

 「説諭」

 「説得」

 「説教」


 で、タバコをやめさせる、なんてことができたら、それは、

 ノーベル賞もの

 いや、

 モーゼなみの奇跡

 だといっても、過言ではないと私は思います。

 
 たとえば、よくある「禁煙説得本」なんかの出だしは、大抵、こうです。


 「タバコは、あなたの寿命を縮めます」


 そんなことを、中2に言ってごらんなさいな。

 「へー! 

  でもそんなこと言ったってさ、

  タバコやめたってさ、

  明日には車にひかれて

  死んじゃうかもしれないじゃん。

  だったら、

  いまタバコやめたって意味ないじゃん。

  それとも先生さ、

  オレの寿命、知ってんの~。

  人の寿命、知らないのに、

  縮むなんて言えんの~。

  オレの寿命、いくつー。

  いつ死ぬのオレー。

  さー答えて~、いま答えて~、

  オレが何歳のとき、

  何年何月何日、

  何時何分何秒、何曜日~。」



 と、本来は寿命に関係のないはずの「曜日」まで、聞きとがめてきます。

 ウザい。

 くそウザい。


 しかし、これが、「ニコチン・ヘビーユーザー」ならではの、

 「美学」

 「生き様」


 と、いうものなのです。






 と、わかってしまえば。

 あなたの目には、もうこれから、「喫煙者」たちは、

 「おっきな、中2。」


 にしか、見えなくなると思います。


 そういう目で見れば、ニコチン・ヘビーユーザーたちの、

 「不可解」

 「理不尽」

 な行動も、納得がいくのではないでしょうか。


 堂々と歩きタバコ、くわえタバコで街を闊歩し、そこらに火のついたタバコを捨ててしまう、「おっきな中2」

 駅のホームの喫煙所、金魚鉢みたいなガラス張りの中で、押しくらまんじゅうしながら必死でニコチンを補給する「おっきな中2」

 奥さんから「タバコはやめなさい」と厳命されているのにやめられず、家の外で最後の一服をして、「ファブリーズ」で誤魔化せると思っている「おっきな中2」

 どうです?

 こう考えると、こう見ると、彼らのことが、

 「永遠の少年」

 「ピーター・パン」


 みたいに「かわゆく」思えてくる……

 わきゃないですよね。






 とにかく、そんな「おっきな中2」たちに、頭ごなしに、

 「体に悪いから、タバコはやめなさい」


 と言うことは、同じく「現中2」の男子に対し、

 「頭が悪くなるから、『オナニー』はやめなさい」


 と、言うようなものです。


 そう。

 不可能です。



 (10)へ続く

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タバコ 煙草 禁煙 ニコチン 依存症 アンインストール

2010-02-07 : ニコチン・アンインストール・マニュアル 【第二章】 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。