スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

私と煙草(11) タバコは「減らさず」「やめる」べき

 (10)より


 さて。

 PTA役員をやったことで、見聞を広め、世の中を知り、

 「ちょっと、タバコ減らしたほうがいいかなあ……?」

 と、殊勝なことを考えた私。


 ところが。

 これが、苦難の始まりでした。





 「一日に吸う、タバコの本数を減らそう」

 そう思った私は早速、100円ショップに行き、

 「カチカチカウンター」

 を、買ってきました。


 わかりますよね。

 カチカチ押して、数えるやつ。


 そして、一本吸うごとにカチ、と、本数を数え、さらに手帳に記録していったのです。

 始めたのが、2009年の8月22日でした。


 それまでは、だいたい一日に、2箱=40本が平均。

 どんなに少ない日でも、35本程度は吸っていた私ですが、数え、記録することによって、本数は多少、減らせるだろう……そう思っていました。


 たとえば今までなら、一本を吸い終わったらほとんど無意識に、次の一本をくわえて火をつける。

 そういう吸い方でしたが、本数を意識することで、多少は減らすことができるだろうと。


 「あと1時間たったら、次を吸おう」

 「食事の前には吸わないで、終わってから吸おう」

 そんなふうに、「意識」して、吸うように心がけました。


 しかし。

 以下に、私が実際に、手帳に記録した数字をお見せします。

 ちょっと、ご覧ください。


 8/22 30(本)
 8/23 22
 8/24 23
 8/25 27
 8/26 30
 8/27 28
 8/28 41
 8/29 25
 8/30 32
 8/31 27


 自分としては、かなり減ってるだろうと思っていました。

 しかし、甘かった。

 実際のところは、ほとんど減っていなかった。

 それが、よくわかりますね。


 やっぱり、それまで40本吸っていた人間は、どうやっても30本前後は、吸ってしまうのです。

 特に、飲みに行った日なんかは、心がウキウキしていますから、結局40本に手が届いてしまいました。

 これじゃあ、「元の木阿弥」そのものですね。


 日によっては、だいぶ減らせた日も、確かにあります。

 しかし、そういう日はですね。

 ものすご~く、苦しかったです。

 一日が長く、苦しく、まさに拷問のような日々でした。


 たとえば、午前中、10本吸っていたところを、6本くらいに減らす。

 「次の一本は、11時までガマンしよう」

 そう思って、タバコとライターを、わざわざ手の届かない別室に、持って行っちゃったりして。

 しかしそうすると、もうアタマの中は、

 タバコ欲しさで充満」

 という状態でした。


 早く、時間よ過ぎろ。

 ガマンしろ、俺。

 でも、つらい。苦しい。


 …私、タバコが吸いたくなると、もう「歯が浮く」ような感じになって、歯をカッチカッチ、音を立ててかみ合わせるようになるんですが。


 カッチカッチ。カッチカッチ。

 ああ、タバコ吸いてえ。
 吸いたい。衰退。吸いたい。酔態。吸いたい。脳下垂体。

 いいや、いま一本吸っちゃえ。

 で、午後に、ガマンすればいいや……。



 と、アタマの中はこんな状態で、過ごしていました。

 もちろん、これで仕事のことなど、考えられるはずがありませんでした。


 そこをどうにか努力して、一日に20本以内にまで、抑えられたとしても。

 家に帰って風呂に入り、一杯飲んじゃうと、もう限界です。

 玄関先に出て、スパ、スパスパ、スパパのパ。

 立て続けに、3本、4本と、肺の中に入れてしまいました。


 そして、夜空を見上げ、月に向かって、


 「ああ~、やっぱり、タバコは……」

 と、ためて、


 「………、うめえ~~~~~~っっっ! !! !!!!」

 と、心の中で絶叫し、涙さえ浮かべるほどでした。






 こんな調子で、タバコの本数を減らし、記録するようになって、3ヶ月が過ぎました。

 その間、私は、どれだけタバコを減らすことができたでしょうか?

 ……ほとんど、減っていませんでした。

 横ばい、といっていい状態でした。


 それどころか、たまに飲みに行ったりすると、

 「もう今日は特別!」

 とばかりに、スパスパどころか、ガバガバ吸ってしまい、結局2箱以上。

 
 心の中ではもちろん、

 「ダメだ、減らそう、減らさなきゃ」

 と、思っています。

 「おカネがムダなんだ」

 「役人が税金なんか、ドブに捨ててるんだ」

 「タバコ減らして節約して、その分で本を買ったりするんだ」

 そう、自分に言い聞かせています。


 でも。

 吸いたいタバコをガマンするのは、ホント~に、つらい。

 苦しい。

 それこそ、

 「こんな思いするのなら、吸っちゃえばいいんだ!」

 と、切れたことも何度かありました。


 しかも、これってまだ、

 禁煙

 どころの騒ぎじゃ、ないんですからね。


 「減煙」

 だけで、この騒ぎなんですよ。


 今後、もし、さらに努力を重ねて。

 一日に20本。

 15本。

 10本。

 5本。

 ……なんてふうに、タバコを減らすことが、できるのだろうか。


 イヤ、絶対ムリ。

 そう思いました。


 だって、どうやったって、一日に5本や10本じゃ、足りない。

 朝起きて1本。

 運転中に、往復で2本。

 食後に合計3本。

 必要最低限に必要なこれだけで、もう6本ですよ。

 これ以上は、一本たりとも減らせません。


 そして、合間合間に吸う、気分転換の1本。

 ストレス解消の1本。


 こういうのを「ゼロ」に近づければ、一日に一ケタも可能でしょう、理屈では。

 でも、そんなの、不可能です。

 それじゃあ、

 「社会生活」

 が、できません!


 それが「喫煙者の日常」というものだからです!


 「……もう、これ以上、減らすのは、無理だ。」


 私はその頃から、自分にも、周囲にも、そう漏らしていました。


 こんなザマですから、減らすどころか、きっぱりタバコを「やめる!」

 「禁煙する!」

 そんなことは俺にとっては、お日様が西から出るくらい、あり得ないことだ。


 それが、11月7日までの、私の結論でした。


 昨年の、11月7日までの。


 しかし、その日は。

 私がタバコを「やめる」ことができた、その一日前の日でした。


 私はいま、「タバコ? やめました」なんて、平気な顔をしていますが。

 その、やめる直前の日まで、

 「絶対ムリ。減らすのはもうムリ。ましてや、やめるなんてあり得ない」

 と、クヨクヨクヨと、泣きごとを言っていたのです。






 しかし。

 その、11月7日、私のタバコ最後の日。

 この日に、ある人から、何気なく投げかけられた、たった一言。


 その一言で。

 「そうか!」

 私は一瞬にして、

 「だったら、タバコ、やめるぞ!」

 と、いきなり思ってしまったのです。

 「悟った」みたいな感じでした。


 そして、なんと本当にその翌日は、一本も吸わずに過ごしてしまいました。

 もちろん、その日から、今日のたった今まで。

 タバコは一本も、吸っていません。


 完全なる、

 ニコチンアンインストール

 が、完了したのです。


 ……いま、このブログをお読みになっている皆さん。

 皆さんに、私はお伝えしたい。



 タバコは、ガマンしちゃいけません。

 減らせるもんじゃ、ありません。

 それは、私たちが人間である限り、ほとんど不可能、というくらい、つらいことです。



 ですから、もし今、タバコをガマンしているようなら。

 タバコ、吸ってください。

 おいしいですよ。


 ただし。


 心の中では、

 「でも、やめなくちゃなあ。」

 「そのうち、値上がりするしなあ。」


 という気持ちは、忘れずにいてください。


 この、

 「でも、やめなきゃ」

 という気持ちが、あなたの中で、「臨界点=ピーク」に達したとき


 そのときは、

 「あれっ?」

 というような感覚で、タバコがやめられます
から。


 私が保証しますし、私以外でもタバコをやめた人は、だいたい同じようなことをおっしゃっています。



 ……私は、

 「減らさなきゃなあ、クヨクヨ」

 「また吸っちゃったなあ、グチグチ」

 と、3ヶ月間、ムダな悩みを経験してしまいました。


 もちろん、そのクヨクヨ期間があったからこそ、ある日突然、スパッ! とやめることができたのだと思います。


 ただ、同じつらさを、皆さんが味わう必要はありません。

 どうせやめるなら、少しでも、楽にやめてほしい。

 「タバコをやめる」という恐怖に、ほんのちょっとの勇気で、打ち勝ってもらいたい。


 ……そんなつもりで私は、このブログを書いています。


 私が味わった苦しみの、ほんの何十分の一かの「努力」で、みなさんに、タバコをやめていただくために。


 私はこのあとも、ブログを続けていきます。

 このあとがいよいよ、具体的な話になってきます。


 「やめようかな」と思っておられる方は、ときどき、お越しになってください。


 (12)へ続く

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タバコ 煙草 禁煙 ガマン ニコチン アンインストール

2010-01-15 : ニコチン・アンインストール・マニュアル 【第一章】 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。