スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「世界禁煙デー」関連ニュース

 さて、5月31日の「世界禁煙デー」が終わりました。

 今年も各自治体では、市民・県民の税金を使って、

 たばこの害を

 呼びかける


 だけの、意味のないイベントが、多数行われたり。


 税金は使う割に、アタマはまったく使わず、

 禁煙規制を

 強化する


 だけの、いわゆる「禁止行政」が強行されました。




 【静岡】

 受動喫煙を防いで 静岡駅で啓発活動 世界禁煙デー


 「世界禁煙デー」の31日、県と静岡市はJR静岡駅コンコースで街頭啓発キャンペーンを展開し、受動喫煙防止などを呼び掛けた

 県と市の職員、しずおか健康いきいきフォーラム21とたばこと健康の会しずおかの関係者ら約30人が参加。
 「考えようタバコと健康」などと書かれたのぼり旗を掲げ、「たばこには200もの有害物質が含まれている」「家庭内での喫煙が家族の健康を脅かす」などと記した啓発グッズを通勤客らに手渡した。
 今回は県が山梨、神奈川両県と連携して作成した啓発チラシも配布し、各県が取り組む受動喫煙防止の施策などを紹介した。
 キャンペーンは6月6日までの禁煙週間中、県内各地で行われる。
 (5月31日 静岡新聞
 
 (これで、受動喫煙防止につながるのかな?)




 【大阪】

 府庁舎周辺一服やめて 知事、職員に一斉メール
 
 
 世界禁煙デーの31日、橋下知事は、職員が府庁舎周辺の路上で喫煙しないよう求める通達を庁内メールで出した。
 ただ罰則を伴う規則で禁じるまでには至っておらず、府は「府職員としての自覚で対応してもらうしかない」としている。

 受動喫煙の防止策として、府は2008年5月から庁舎敷地内を全面禁煙に。
 それと同時に、昼休みなどに職員が近くのコンビニエンスストアや路上で一服するケースが増えており、橋下知事は5月府議会で「府民の信用を落とす責任を感じていない」と答弁、早急な対応を約束していた。
 橋下知事はこの日、小西禎一総務部長と連名で、職員約1万人に送信したメールの中で、「路上喫煙は迷惑になり、苦情が寄せられている。愛煙家には大変でしょうが、世界禁煙デーを機に、路上などでの喫煙はやめましょう」と呼びかけた。
(6月1日 読売新聞
 
 (路上での喫煙は禁止するけど、タバコをやめなさい、とは言わないわけだ)




 【秋田】

 本部や交番全面禁煙 来月から県警、東北初


 県警は来月1日から、交番や駐在所などを含むすべての庁舎内での喫煙を禁止する。
 東北地方の県警では初めての取り組み。
 喫煙場所は、「屋外」「人の往来のない場所」「副流煙が庁舎内に入らない場所」という3つの条件を満たす場所に厳しく限定する。

 県警は、これまで庁舎内に喫煙室を設けるなど分煙化を進めてきたが、今年2月、厚生労働省が公共施設での全面禁煙を求める通知を出したことを受け、すべての庁舎内での禁煙に踏み切った。

 全面禁煙化を19日、県警本部内と各警察署に通達した。
 県警職員のほか、来庁者や留置人の喫煙も禁止される。
 来月1日以降は、3条件を満たす場所に限り喫煙が認められるが、本部庁舎はこの条件を満たす場所がないため、屋外の敷地も禁煙となる。

 県警厚生課によると、職員約2300人のうち、喫煙者は約4割を占めるという。
 同課担当者は、「全面禁煙導入で副流煙による健康被害を少しでも減らし、健康な職場を作りたい」と意欲を見せている。

 ■受動喫煙に理解深める

 31日の「世界禁煙デー」にちなみ、県と「秋田・たばこ問題を考える会」は29日、秋田市内で禁煙フォーラムを開催した。
 医療関係者や一般市民ら約70人が参加し、受動喫煙による健康被害について理解を深めた

 フォーラムでは、秋田市のすずきクリニック院長・鈴木裕之氏が受動喫煙防止をテーマに基調講演を行い、夫が1日20本以上喫煙するときの妻の肺がん死亡率は、夫が喫煙しない場合に比べ1・91倍になることなどを紹介した。

 会場からは「受動喫煙は女性や子供が被害にあうことが多い。女性らの立場を守る効果的な条例が必要」などの意見が出された。

 県は「禁煙デー」の31日、県庁舎内のたばこ自動販売機を停止する。
 6月4日まで県庁で、たばこと健康に関するパネル展示などを行い、禁煙を呼びかける予定だという。
(5月30日 読売新聞
 
 (で、一人でも、タバコをやめる人が出るのかな)




 【徳島】

 禁煙は小さなエコの第一歩 世界禁煙デー 中学生川柳で呼びかけ


 世界禁煙デーの31日、美馬、三好両保健所は県西部総合県民局の美馬、三好両庁舎に「たばこ啓発コーナー」を設け、中学生が禁煙を呼びかけた川柳などを掲示。
 JR穴吹、阿波池田の両駅前では朝、県立穴吹、池田高生らとキャンペーンを行った。

 三好庁舎では、ポスターやパンフレットのほか、管内の中学生から募集した「たばこと健康に関する標語川柳」の入賞作を展示。
 「たばこ吸う 横にいる子の笑顔消え」(山城中・仲川遥さん)、「禁煙は小さなエコの第一歩」(三加茂中・三木梓さん)など、考えさせる作品が並んだ。
 啓発コーナーは両庁舎とも7日まで。

 JR穴吹駅では、保健所職員が穴吹高生6人と一緒に、乗降客にパンフなどを配ってたばこの害の怖さを訴えた

(6月1日 読売新聞
 
 (たばこの害の怖さだけでなく、「なぜ売っているのか」も訴えなきゃ)




 【高知】

 高校生が“禁煙紙芝居”を制作 高知


 世界禁煙デーの31日、高知県立山田高(香美市)のマンガ部員らが、禁煙をテーマにした紙芝居を作り、地域の健康対策推進に貢献したとして、保健所から感謝状を贈られた。

 主人公の女の子が幼稚園で学んだたばこの害を父親らに話し、禁煙に導く物語。
 保健所の依頼を受け、1年かけて可愛らしいタッチで描いた。
 4日にお披露目される。

 愛煙家には耳の痛い話だが、子供にとってはかけがえのないお父さん。
 部長の谷本花純(かすみ)さん(3年)は「子供の話をけむに巻かず、しっかり断煙を」。【黄在龍】

 (5月31日 毎日新聞
 
 (愛煙家には耳が痛い、というが、製造元のJTの耳は痛くないのか?)




 【和歌山】

 世界禁煙デー JR和歌山駅で禁煙呼びかけ
 

  世界禁煙デーの31日、市民グループ「たばこ問題を考える会・和歌山」のメンバーがJR和歌山駅前で、「禁煙でみんなの空気快適に」などと書かれた啓発用の絆創膏を通勤客らに配った。

 この日はメンバー7人が参加。同会の中川利彦事務局長は「喫煙者は今日を機に禁煙に挑戦してほしい。吸わない人も禁煙を訴える声を上げてほしい」と呼びかけた。

 絆創膏を受け取った20代会社員女性は「服に臭いが付くのは困る。禁煙が広まってほしい」。
 喫煙者の県立医科大学職員の男性(31)は「職場も3年ほど前から全面禁煙になった。自分も吸う本数を減らしていきたい」と話した。

 (6月1日 産経新聞
 
 (絆創膏を配って、タバコをやめろと言うのも虫のいい話だ。この絆創膏の単価が知りたい)




 【千葉】

 柏市全面禁煙スタート 市の589施設、戸惑う市民も


 受動喫煙による健康被害を防ごうと、柏市は世界禁煙デーの31日、市施設の敷地内の全面禁煙をスタートさせた。
 柏駅前の3か所の指定喫煙所を含め、スポーツ施設、公園などにあった喫煙所、灰皿がすべて撤去された。

 市の施設はこれまで、小中学校では学校長判断で敷地内を全面禁煙としているところがあったが、新たに589施設が全面禁煙となった。

 全面禁煙初日、利用者が多い駅前の喫煙所では、たばこを取り出したものの灰皿がないことに気づき、足早に立ち去る人の姿が見られた。
 喫煙所撤去を知らせるアナウンスがスピーカーから繰り返し流れる中、我慢できずに一服する人も。
 ある中年男性は「吸うところがないよ」と嘆いていた。


 市によると、同日までに施設利用者などから18件の意見が電話やメールで寄せられた。
 大半は「たばこを吸う場所がなくなる」といったクレームだが、全面禁煙に賛成する意見もあったという。

 (6月1日 読売新聞
 
 (まあ市としては、禁止さえすれば仕事は終わり。ただしタバコ販売を禁止しないのは、税収のためと)




 【東京】

 女性へのたばこ販売に規制を 世界禁煙デーでWHOが会議


 世界保健機関(WHO)が定めた世界禁煙デーの31日、WHOは東京・築地で「女性とたばこ」をテーマにしたフォーラムを開いた。

 WHOたばこ対策部長のダグラス・ベッチャー氏は「WHOの調査では世界で43万人が受動喫煙が原因で死亡し、うち64%が女性だ」と指摘。
 たばこ対策の専門家らは、世界で男性の喫煙者が減るなか「若い女性が新たな市場として注目されており、早急な対策が必要だ」と訴えた。

 女性向けにデザインされた包装の製品なども例示され、WHO側は「政府はたばこの包装や表示を規制すべきだ」と強調した。

 厚生労働省の長浜博行副大臣は「対策を推進するきっかけにしたい」とあいさつ。
 全国初の禁煙条例を4月に施行した神奈川県の松沢成文知事も出席した。

 (5月31日 日経新聞
 
 (「デコタバ」の話も出たわけね。で、これで女性の喫煙率、下がるんかい)




 【大分】

 禁煙通知から3カ月 県内庁舎、紫煙消えず


 厚生労働省が全国の自治体に「官公庁は全面禁煙が望ましい」との通知を出してから3カ月がたった。
 県内で庁舎内の「完全禁煙」に踏み切っているのははわずか5市町村。
 中には職員や市民の庁内喫煙を禁じながら、議会棟だけは“治外法権”として容認している市もある。
 
 通知は2月25日、健康局長名で出された。
 義務ではなく「あくまで努力目標」と厚労省。
 主に公共的な空間での受動喫煙防止対策を求めた。

 これを受けて4月から庁舎内を全面禁煙にしたのは杵築、由布の2市。
 それぞれ喫煙室などを撤去し、敷地内(屋外)に喫煙スペースを新設した。
 「これも世の流れ。抵抗はなかった」と杵築市。
 由布市も「スモーカーには少々つらいが…しょうがない」。

 姫島村は県内で先駆け、2002年の庁舎改築時から全面禁煙にした。
 続いて玖珠町(06年4月)、臼杵市(08年7月)が屋内の灰皿を一掃。
 庁舎横に喫煙室を設けている玖珠町は「夏は暑くて冬は寒い。とはいえ、風雨をしのいで一服できるだけでもまだマシです」(総務課)。

 一方、大分市は04年に庁舎内を全面禁煙にしたが、隣接する議会棟は喫煙室を設けて分煙に。
 6月1日から行政棟内の禁煙に踏み切る別府市も議会棟の一室は喫煙OKで、同様に国東市も「本庁舎は原則禁煙、ただし議員控室は喫煙可能」としている。
 3市は「今は無理だが、将来的には全面禁煙の方向で検討していきたい」という。

 31日は世界禁煙デー。
 各種キャンペーンの旗振り役を務める県は本館、新館、別館ともに“分煙態勢”を敷いている。
 「今後の方向性を話し合う」(人事課)ために本年度初の内部会議を31日に開催、全面禁煙を目指して協議のテーブルに着く予定だ。

 (5月31日 大分合同新聞
 
 (ま、議員や公務員は税金で食ってるわけだから、たばこ税はしっかり払って、吸うときは自分の家で。当たり前の話だな)




 ということで、税金をたくさん使って、こういう「啓発イベント」が行われましたが。

 これによって一人でも、タバコをやめようと思ったか、そしてやめられたか?

 その

 「検証」

 って、やってんのかね?

 (北風小憎夫)

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タバコ 煙草 禁煙 受動喫煙 税金 JT 厚労省

2010-06-01 : ニコチン・ニュース : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。