スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

私と煙草(5) 社会で・職場で・ニコチンと

 (4)より

 さて、大学時代の4年間で、

 煙草がない生活なんて、考えられない」

 になってしまった、私。

 それでも一応、就職活動をし、何とか会社に入ることができました。





 大学出てから20余年。

 その間、ずっと私とともに歩んできた、愛しい相棒は。


 あの、七つの星の、憎いやつ。

 そう、「煙草の中の煙草」と言っても良いくらいのロングセラー、

 「セブンスター」

 いわゆる「ブンタ」でした。

 (「セッタ」派もいる)

 セブンスター


 大学在学中から固定し、以後、一貫して、セブンスターを愛してきました。

 これより美味しいタバコというのは、私には考えられませんね。


 ただし唯一、

 「両切りピース」

 だけは、ブンタに勝るとも劣らないおいしさ、と思いますね。

 あの、日本が誇るニコチン・ソングの大名曲、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「スモーキン・ブギ」の中でも、

 ♪はじめて試したタバコが ショートピース 

 と歌われている、これ。

 缶ピー

 こうやって、紫色の缶に入ってるのが、いわゆる「缶ピー」ですね。


 この缶ピーにも、実は大学生の一時期にハマり、毎日毎日こればっか、吸っていました。

 そうすると、「缶」が、余るんですよね。


 私は、この空き缶を捨てずに、様々に活用していました。


 机の上のペン立て。

 貯金箱。

 とれたボタンなどを入れとく、小物入れ。

 果ては、歯ブラシ立てや、歯磨き用のコップなど。

 部屋中が、ピース缶の紫色に染まった時期がありました。


 また、同時に、この両切りタバコを吸っていると。

 タバコをはさむ、指先までが、ヤニで茶色く染まってくるんですよね。

 そのうち、右手の人差し指と、中指の爪までが、年寄りの指のように変色してしまったときには、

 「こりゃ、さすがに、カラダに悪いな」

 と思い、ピースの常習はやめ、以後はセブンスターに統一しました。


 ただし、やっぱり、あの両切りピースの、独特の味と香りは忘れられず、

 「スペシャル」な夜

 などには、またちょっと吸ったりもしていたのですが……。






 さて、私の社会人生活に、話を戻しましょう。

 かなり、はしょっていきます。


 新卒で入った会社は、販売系。

 最初の数年間は、実店舗で販売をやらされます。

 その後、店長を経験し、あとは本社に上がれればいいなと、そういう系の会社でした。


 そういう会社ですから、新入社員は数年間、一日のほとんどを売り場で過ごします。

 当然、売り場ではタバコは吸えません。

 3時間おきくらいに訪れる、休憩時間くらいでしたね。


 それまで、1時間に最低1本は吸っていた私でしたが、この時期はこの時期で、何とか体を合わせることができていました。

 しかし、タバコの量が減ったかというと、減りませんでしたね。

 売り場に3時間立ち、休憩時間になったら事務所に戻り、まずは貪るようにタバコを吸う。

 これが1本では足りず、続けざまに2本、ときには3本と。


 そのころの、一般的な認識としては、タバコというのは

 「吸いだめ」

 ができると思われていましたからね。

 吸えない3時間を埋め合わせるために、休憩時間は、食事以外はタバコを吸いっぱなしでした。

 これでは、一日のタバコ消費量は、減るわけがありませんでしたね。






 こうして、売り場経験をある程度積み、数年後には私は「店長」として、店を管理する立場になりました。

 しかし、私が「出世」を喜んだかというとそうではなく、むしろ、

 「ああ、これで売り場に立たなくてもいいぞ」

 すなわち、

 「いつでも好きなときに、タバコが吸える!」

 と、こっちのほうに喜んでいました。


 事実、お店が開店してから閉店するまで、ほとんどの時間を私は事務所のデスクに向かって過ごしていました。

 仕事としては、まずは売上や人件費、そして在庫や金庫の管理がありますから、ある程度、事務所にいるのは当然。

 しかし一方では、売り場を見回って問題を探したり、陳列を直したり、お客の動きを観察したりといった仕事もあるのですが、こちらは正直、おざなりでしたね。


 このように、社会人生活前半の私は、

 「まずタバコありき」

 という価値観
のもとで、生きていました。


 その後、数年して、こういう私の勤務態度がもとで、本社に睨まれ、嫌気が差した私は、電撃的に会社を辞めてしまいました。

 しかも辞めた当時は、すでに結婚していて、最初の子が生まれて、まだ一週間も経っていないときです。

 かなり無謀でした。


 このとき、

 「会社を辞めずに、タバコをやめて」

 いたら、その後の人生がどうなっていたか。


 ……それは、私にもわかりません。

 が、この会社は、私が辞めてから何年かして、倒産してしまいましたので、このときに退社したこと自体は、いま考えればよかったかもしれませんが……。

 いやいや、やっぱり、タバコと会社、あるいは人生とを、テンビンにかけるような考え、および行動は、やっぱりよくないですよ。

 いま思えば。






 で、その次に入った会社では、いわゆるデスクワークをすることになりました。


 この会社の面接を受けた際、私はまたしても懲りないことに、

 「タバコは吸ってもよろしいのでしょうか」

 なんて、念まで押しています。

 まだ生まれて数ヶ月の子を抱えた、無職のプー太郎のくせに。


 しかし、そこでそんなことを聞くほど、タバコのない会社生活は、耐えられなかったのですね。

 幸い、この会社の偉い人にも、ヘビースモーカーが揃っており、「どんどん吸いなさい」ぐらいの社風であったため、その点では非常にラッキーでした。


 また、そうでなくても、私に与えられた仕事は「クリエイティブ系」。

 つまり、タバコに火をつけて、ウンウン唸っていれば仕事をしているように見えるという、そういう環境でした。


 当然ながら、喫煙量は増えましたねえ。

 この頃から、タバコは一日に、「2箱」というのが、ほぼ定量となりました。

 こうして、入社から約10年間、1日に40本のタバコを、私はコンスタントに灰にし続けるという生活を、送ってきました。


 このブログを、お読みいただいている方の中にも、

 「オレも普通に一日、2箱以上だけど?」

 という方も多いと思います。


 やっぱり、ストレスというか、アタマを使う仕事となると、そのくらいは当たり前に吸っちゃいますよねえ。


 まあ、そういう私が。

 ある日突然、スパッとタバコをやめちゃうわけなんですけど。


 (6)へ続く


テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タバコ 煙草

2009-12-22 : ニコチン・アンインストール・マニュアル 【第一章】 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。