スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

受動喫煙防止 理解得て着実に進めたい

 街中で辺り構わず、わが物顔でたばこをふかす光景は随分前に消えたと思う。

 駅やホテル、さらには職場でも、喫煙スペースを設ける分煙が進んでいる。





 こんなご時勢、多少の我慢で済むのなら結構なことではないか-。そう納得している愛煙家も少なくないだろう。

 しかし、それではなお不十分だというのが、厚生労働省が出した通知だ。

 厚労省は2月下旬、不特定多数の人が利用する公共的な施設を原則として全面禁煙にするよう求める通知を、都道府県など全国の自治体に出した。
 他人のたばこの煙にさらされる「受動喫煙」による健康被害を防ぐのが狙いである。

 健康増進法(2003年施行)に基づく措置だ。

 これまで、国は「全面禁煙」か「分煙」の、どちらかで構わないとしてきた。
 今回、対策の強化を促したといえる。
 神奈川県は4月、全国に先駆けて屋内での喫煙を規制する「受動喫煙防止条例」を施行する。
 今後、同様の動きが自治体に広がるかもしれない。

 公共的な場所では、たばこを吸わない人をたばこの煙から守る。
 進むべき方向であり、その取り組みはうなずける。

 禁煙対象となるのは、学校、病院、官公庁、百貨店、遊技・娯楽施設、ホテル、飲食店などのほか、交通機関も含まれる。
 屋外でも、子どもが利用する公園や通学路での対策を求めている。

 一方で、通知に罰則はない。
 飲食店などで全面禁煙が極めて困難な場合、喫煙と非喫煙の区域分けの徹底を条件にして暫定的に分煙も容認している。

 なぜ、いま全面禁煙か。

 日本も批准している「たばこ規制枠組み条約」(05年発効)は公共施設や職場での全面禁煙を要請している。

 やはり受動喫煙防止が目的だが、その具体的な規制強化策を示す期限が迫っていた。

 期限ぎりぎりに回答を間に合わせたということでもある。


 ただ、通知が「健康への悪影響は科学的に明らか」と言うように、受動喫煙がもたらす健康被害の研究報告は多い。

 愛煙家はこれまで以上にマナーに心掛けてほしい。

 飲食店などの経営に深刻な影響を心配する声は分からないわけではない。

 しかし、たばこの煙を迷惑とする人が増えていることも理解すべきだろう。


 成人の喫煙率は08年で21・8%と年々下がっている。

 男性に限ると36・8%と依然高いが、今年10月には1箱100円程度の大幅値上げになる見通しで、これを機に禁煙を決意する人もいよう。


 厚労省は、職場でも原則禁煙を事業者に義務付ける方向で労働安全衛生法の改正を検討中だ。

 一般の市民は健康増進法で、職場の労働者は労働安全衛生法によって受動喫煙対策を進め、禁煙化の流れを確実にしたいとの思いがある。

 それには関係者の自覚と協力が不可欠である。

 たばこは嗜好(しこう)品として認められており、喫煙者を頭ごなしに排除することは慎みたい。

 理解を求め
ながら、社会全体で着実に進めることが大切だ。

 (3月14日 西日本新聞






 「喫煙者のマナー」?

 「関係者の自覚と強力」?

 違いやす。

 それはお題目。

 本当に必要なのは、


 「国の情報公開と、謝罪」

 「ならびに、説明、依頼、懇願」

 「そして、喫煙者・非喫煙者、双方の理解、納得、共存、棲み分け」

 「および、喫煙者=煙害被害者の、離脱補助」



 です。

 (北風小憎夫)

 

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タバコ 禁煙 受動喫煙 煙草

2010-03-14 : ニコチン・ニュース : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

本当?
>健康増進法(2003年施行)に基づく措置だ。

…って、本当?それなら、なぜ、今なの?

 それは、ともかく、

>本当に必要なのは、


> 「国の情報公開と、謝罪」

> 「ならびに、説明、依頼、懇願」

> 「そして、喫煙者・非喫煙者、双方の理解、納得、共存、棲み分け」

> 「および、喫煙者=煙害被害者の、離脱補助」

仰る通りだと思います。
2010-03-14 23:27 : 歌い人 URL : 編集
Re: 本当?
> >健康増進法(2003年施行)に基づく措置だ。
>
> …って、本当?それなら、なぜ、今なの?
>
>  それは、ともかく、
>
> >本当に必要なのは、
>
>
> > 「国の情報公開と、謝罪」
>
> > 「ならびに、説明、依頼、懇願」
>
> > 「そして、喫煙者・非喫煙者、双方の理解、納得、共存、棲み分け」
>
> > 「および、喫煙者=煙害被害者の、離脱補助」
>
> 仰る通りだと思います。


 テレビも新聞も御用文化人も、

 ♪知っているのに 知らんぷり~


2010-03-14 23:31 : 北風小憎夫 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。