スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「生ぬるい」「絶対無理」…「全面禁煙」通知の効果は出るか?

 厚生労働省が、多数の人が集まる公共施設を対象に求めた「全面禁煙」の通知。

 受動喫煙防止対策の強化を図るのが狙いだが、罰則や強制力はなく、効果のほどはわからない。

 客足に響く飲食店やパチンコ店関係者が反発を強める一方で、さらに対策を進めるために国に法整備を求める自治体も。

 海外に比べ遅れが指摘される対策は果たして前進するのだろうか。





 ■「生ぬるい」

 禁煙は世界的な潮流だ。

 世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」が平成17年に発効し、屋内の職場や公共施設などでの受動喫煙防止策の実現を求めた。

 19年には「100%禁煙以外の措置は不完全」とする指針が採択され、欧州で禁煙化が加速した。


 日本も16年に条約に批准。

 厚労省は20年に検討会を設置し、昨年3月に「原則全面禁煙であるべきだ」とする報告書をまとめた。

 今回の通知もその延長線上にある。

 ただ、通知に強制力はなく、月刊「禁煙ジャーナル」の渡辺文学編集長は

 「生ぬるい。たばこを財政収入として位置づけているたばこ事業法や日本たばこ産業(JT)株の50%超を財務省が保有していることが根本的な問題だ」と指摘する。


 経営への影響が避けられないJTは厚労省の通知を受けて、

 「運用においてはすべての施設を一律に全面禁煙とするよう求めるものではないものと認識している。今後とも分煙に関する知見の提供などを通じ、積極的に協力していきたい」とのコメントを出した。


 ■「客足遠のく」

 対応に苦慮しそうなのが、喫煙する利用客が多い居酒屋やパチンコ業界だ。

 居酒屋チェーン、ワタミでは、17年7月から東京都北区や静岡市などの4店舗で全面禁煙の店を開店したが、約1年後には撤退した。

 家族連れや女性客に好評だったものの、喫煙者の多い深夜の時間帯や団体客の利用が伸びず、売り上げに直接影響したためだ。

 ワタミの担当者は「全面禁煙にすると、団体客の予約が入りにくくなる。小型店の場合は空間を仕切りづらく、分煙も難しい」と困惑気味に話す。

 客の7~8割が喫煙者とされるパチンコ業界も深刻だ。

 全国約1万2千店舗を傘下に抱える「全日本遊技事業協同組合連合会」の担当者は「オーナーからは、『分煙や禁煙を進めれば、客足は確実に遠のく』という声が大半。

 加えて、分煙には改装工事が必要になるが、この経営難の中でそんな余裕はない。全面禁煙は無理」と頭を抱えている。


 ■「法整備を」

 昨年3月、屋内の喫煙を罰則付きで規制する受動喫煙防止条例を全国で初めて制定した神奈川県。

 体育館や学校、病院などの施設は「全面禁煙」となったが、飲食店やホテルは「分煙」を容認する形で落ち着いた。

 全面禁煙に反対する飲食店やパチンコ業界などの意見が反映されたとの見方が強い。


 ただ、条例施行に伴って大手外食チェーンが全面禁煙を表明するなど、県の取り組みを後押しする動きも出ている。

 日本マクドナルドは3月から県内の全298店舗の全面禁煙に踏み切る。

 同社コミュニケーション部は「禁煙は世界的な流れ。外食チェーン大手という立場から禁煙でリーダーシップを取るべきだと考えた」としている。

 牛丼チェーンの吉野家も県内全87店舗ですでに全面禁煙を実施している。

 同県たばこ対策室の井出康夫室長は「(自治体レベルではなく)国として取り組むべき問題だ。健康増進法が定める受動喫煙防止対策は努力義務にすぎない。実効性のある対策を進めるためには法整備が必要だ」と訴える。




 ■受動喫煙

 「室内かそれに準ずる環境で、他人のたばこの煙を吸わされること」と健康増進法が定義。
 たばこの煙にはニコチンなどの有害化学物質が含まれ、肺がんや心筋梗塞(こうそく)などを引き起こす要因となるほか、親の喫煙によって子供の呼吸機能の発達に悪影響が及ぶなどの報告がされている。
 厚生労働省によると、喫煙者との同居に伴う受動喫煙が原因で、肺がんを患うリスクが20~30%増加するとの米国の研究報告がある。

     ◇

 厚生労働省が通知で、原則全面禁煙を求めた主な施設は次の通り。

 【公共施設】学校、体育館、病院、官公庁施設、社会福祉施設【娯楽施設】劇場、美術館、博物館、屋外競技場、パチンコ店、ゲームセンター【商業施設】百貨店、商店、飲食店、金融機関【交通関係機関】駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、旅客船ターミナル、鉄道車両、バス、タクシー、航空機、旅客船【その他】集会場、展示場、事務所、ホテル、旅館などの宿泊施設


 (2月26日 産経新聞





 はっきり言やあ、国にとっては「国民の健康」とか「喫煙の自由」ってな、お題目ですよ。

 「JT一家」&「財務組」、対、「禁煙関連会社」&「厚労会」との、

 熾烈な「タバコ利権」争い、という構図。


 ただ、今回は、「禁煙一派」の方が勝つでしょうね。

テーマ : 禁煙・タバコ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : タバコ 煙草 禁煙 受動喫煙 厚労省

2010-02-26 : ニコチン・ニュース : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

とりあえず、言ってみた程度?
 今回の話は、自分のところでも取り上げている通り、多分前提には、『タバコ規制枠組み条約(FCTC)』があると思います。その条約が発効してから、5年、つまり、2010年2月までに受動喫煙防止策を取らないといけないから、急いで、通知してみたまでのこと。

 でも、こんなこと、すぐにはできません。だから、ちゃんと、「中小の飲食業者で、間に合わない方は、禁煙しなくても良い」なんて抜け穴を作ってしまっています。今後、どこまで、徹底できるか見ものですね。
2010-02-27 01:47 : 歌い人 URL : 編集
Re: とりあえず、言ってみた程度?
>  でも、こんなこと、すぐにはできません。だから、ちゃんと、「中小の飲食業者で、間に合わない方は、禁煙しなくても良い」なんて抜け穴を作ってしまっています。今後、どこまで、徹底できるか見ものですね。

 でも結局、テレビや新聞の報道では、

 「まずは喫煙者の、マナーの悪さが最大の悪」

 「この際だから、禁煙すべし」

 「そして事業主も、欧米並みに、禁煙推進の覚悟を決めるべき」

 の論調、一本槍。

 最後にチクリと、

 「厚労省も、あまり無体な命令は出さないように」

 と「体制も批判してますよ~」のふり。


 すべてが「茶番」でござんすよ。

 それなのに、twitter上での「#kinen」タグとか見ると、

 「禁煙3日目。つらい。意志の弱い自分が情けない」

 「頑張って! 我慢するのみ!」

 なんて、押しつけられた「自己責任」で苦しんでいる人が多い。


 こういう人たちは、これまたなかなか、気づかないようなんですね。

 センセーからも、アドバイスしてやってください。

 「依存症が『努力・我慢』で治るようなら、医者はいらないよ」って。

2010-02-27 13:26 : 北風小憎夫 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

ご訪問の皆様へ

当ブログは、

ただいま

休止中です。



こちらの
ニコアンセラピーバナー(小)
公式ページ

ご覧ください。

twitter

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

ニコアン修了証

円 ニコアン修了証

江川未来さん

ホヌ修了証

honu6month.jpg

terada.jpg

ai.jpg

nswk.gif

oto.jpg

yuichi.jpg

tera.jpg

miya.jpg

ohagi2.jpg

neopuu.jpg

neo6month

St_Paso.jpg

suama_nario.jpg

toshi.jpg

rakko.jpg

msnr.jpg

yummy.jpg

ayakko2.jpg

sqb.jpg

popo.jpg

Cowboy.jpg

marude.jpg

jun2.jpg

tuki2.jpg

kazuhiro.jpg

sana.jpg

taka.jpg

funya.jpg

warabi.jpg

okiraku.jpg

kuria.jpg

sinonome.jpg

nagahara.jpg

kuamda.jpg



renta.jpg

qlo328.jpg

sotu.jpg

gtr.jpg











mahiro.jpg

kozan.jpg



kaburagi.jpg

petit.jpg

ten52.jpg

sayaka.jpg

koro.jpg

takehatu.jpg

bakaringo.jpg

goro.jpg

kohei.jpg

akira.jpg

nugu.jpg

keikoyoyo.jpg

K-Kumi.jpg

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ニコアン・セラピー発売中!

プロフィール

六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)

Author:六本木タツヤ(ニコアン・カウンセラー)
【公式サイト】
http://makikomi.jp/

テレビで滝クリに会うのが夢!
世界初のニコチン・アンインストール・カウンセラー。
9月6日、初の著書「ニコアン・セラピー」出版。

【講演や勉強会のご相談 受付中!】
 お問い合わせは下のフォームから
 または nico-un@makikomi.jp

取材・お問い合わせはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

メディア登場歴

【ラジオ】J-WAVE
J-WAVE

【新聞】群馬経済新聞(3回目)
20130530群馬経済新聞

【新聞】群馬経済新聞(2回目)
20130131群馬経済新聞ニコアン - コピー

【雑誌】渡良瀬通信
渡良瀬通信3月号プライベートアイズ

【新聞】産経新聞(2回目)
101226産経新聞

【テレビ】群馬テレビ
群馬テレビ

【新聞】読売新聞
101216読売

【新聞】桐生タイムス
101206桐生タイムス

【ラジオ】CRT栃木放送
crt3.jpg

【テレビ】わたらせテレビ
watarase2 - コピー

【新聞】産経新聞
sankei.jpg

【新聞】下野新聞
101112下野新聞s

【新聞】陸奥新報
mutu101104.jpg

【新聞】群馬経済新聞
101028 群馬経済新聞

【新聞】沖縄タイムス
沖縄タイムス

検索フォーム

QRコード

QRコード

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。